映画ダンケルクのキャスト|主役パイロットのトミーの実在モデルとその後どうなったのか調査

ここでは、2017年に公開された映画『ダンケルク』について見ていきたいと思います。

第二次世界大戦におけるダンケルク大撤退がテーマとなっている戦争ものでした。

クリストファー・ノーラン監督作品となっています。

アカデミー賞において、編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞し、高く評価されたことによって、注目されました。

それでは、映画『ダンケルク』とは、どういう内容の作品だったのか、チェックしていきましょう。

どういうキャストだったのか、主役パイロットのトミーの実在モデルはだれで、その後どうなったのかなどを、ご覧ください。

もくじ

1.映画『ダンケルク』のあらすじ

舞台となっていくのは、第二次世界大戦が始まったばかりの1940年の夏のこと。

イギリス、フランス、カナダ、ベルギーの兵士たちによって構成されている連合軍の兵士たちは、フランスのダンケルク海岸において、ドイツ軍によっておいつめられてしまいます。

そこで、ダンケルク大撤退にもとづいて撤退せざるを得なくなってしまったのでした。

そんななか、イギリス軍のパイロットであるトミーは、ダンケルクの砂浜にやって来ました。

トミーは、所属していた分隊がドイツ軍によって、彼を残して全滅させられていたのです。

やがて、イギリスから兵士たちを救うための船がやって来て、イギリス軍の兵士たちが、船に乗り込もうと集まっていました。

一方で、トミーは、ギブスンと称する兵士と出会いますが、実は、その正体はフランス兵であり、ギブソンという戦死したイギリスの兵士に成りすましていたのです。

トミーとギブソンは、何とかイギリス軍の船に乗り込むことができたのでした。

ところが、船はドイツ軍によって沈められてしまい、トミーとギブソンは、かろうじて、命からがら逃げ出します。

さて、ダイナモ作戦にともない、船が徴用されることになったため、ドーソンは、子供のピーター、その知人のジョージと、ダンケルクに向かいました。

イギリス軍の兵士たちを帰国させるためです。

一方、イギリス軍のファリアやコリンズたちは、ダンケルクに向けて、ドイツ軍と戦いに向かうのでした。

ドーソンは、子供を戦争で失っていたため、若い命が失われていく現状を憂いていきます。

そのため、少しでも多くの兵士たちの救命に尽力していくのでした。

そんななか、トミーたちは、乗っていた船がドイツ軍から攻撃されてしまうハメになります。

ところが、民間の船がたくさん救助に協力してくれたおかげで、なんとか救われることになったのでした。

2.映画『ダンケルク』のキャスト

映画『ダンケルク』で、主人公のトミー役を演じているのは、フィン・ホワイトヘッドさんです。

フィン・ホワイトヘッドさんは、1997年、イギリスの出身で、2020年現在の年齢は、23歳となっています。

2016年、ドラマ『HIM』への出演によって、俳優としてデビュー。

2017年には、映画『ダンケルク』への出演によって注目され、ほかにも、映画では『The Children Act』、ドラマでは『Queers』、舞台では『Natives』に、それぞれ出演しました。

さらに、2018年には、映画『Roads』にも出演しています。

ほか、ピーター役はトム・グリン=カーニーさん、コリンズ役はジャック・ロウデンさん、アレックス役はハリー・スタイルズさん、ギブソン役はアナイリン・バーナードさん、ウィナント役はジェームズ・ダーシーさん、ジョージ役はバリー・コーガンさん、ボルトン役はケネス・ブラナーさん、謎の英国兵役はキリアン・マーフィーさん、ミスター・ドーソン役はマーク・ライランスさん、ファリア役はトム・ハーディさん、隊長の声役はマイケル・ケインさんが演じていました。

3.映画『ダンケルク』の主役パイロットのトミーの実在モデル

このような映画『ダンケルク』ですが、主人公であるパイロットのトミーが印象深いですよね。

それでは、そんなトミーの実在のモデルとは、どういう人物だったというのでしょうか?

調べてみましたが、だれがモデルなのかは明らかになっていませんでした。

ただし、映画『ダンケルク』は、冒頭でもお伝えしましたように、第二次世界大戦におけるダンケルク大撤退が元ネタ。

したがって、トミーのモデルが、このダンケルク大撤退にかかわった兵士であることに間違いはないでしょう。

4.映画『ダンケルク』の主役パイロットのトミーの実在モデルはその後どうなったのか

さて、分からなかった映画『ダンケルク』のトミーのモデルですが、その後も気になります。

これも当然、不明なのですが、ダンケルク大撤退では、おおぜいの兵士たちの命が救われていました。

わずか9日間で、33万人にも及ぶ兵士たちをフランスのダンケルクから救うことに成功していたのですね。

これらの兵士たちのなかに、トミーのモデルも含まれていればいいですね。


ということで、映画『ダンケルク』は、ただの戦争ものではなく、実話を元ネタにした壮大なもの。

迫力があるだけではなく、人間ドラマも活写されていて、とても見どころの多い内容といえるでしょう。

とはいえ、もう第二次世界大戦のような大規模な戦争が起こらなければよいのですが。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる