映画ファナティックのキャスト|ジョントラボルタの役どころやネタバレあらすじと感想を調査

今回は、2019年にアメリカで公開された映画『ファナティック』をご紹介していきたいと思います。

日本公開は2020年9月4日です。

「ファナティック」とは、本来「狂った」という意味ですが、映画『ファナティック』も、本当に狂った感じのストーリーになっていました。

しかも、そんな映画『ファナティック』は、あのジョン・トラボルタさんが主演だといいますから、本当におどろきですよね。

映画『ファナティック』とは、どのような作品だというのか、とても興味深い限りです。

ここでは、そんな映画『ファナティック』のキャスト、ジョン・トラボルタさんの役どころ、あらすじ、ネタバレ、感想などを見ていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

【関連】
もくじ

1.映画『ファナティック』のキャスト

映画『ファナティック』で、主人公のムース役を演じているのは、ジョン・トラボルタさんです。

そして、ハンター・ダンバー役を演じているのは、デヴォン・サワさん。

ジョン・トラボルタさんは、1954218日、アメリカの出身で、20208月現在の年齢は、66歳となっています。

『サタデー・ナイト・フィーバー』、『グリース』といった映画への出演によって、ブレイク。

ほか、映画においては、『パルプ・フィクション』ではロサンゼルス映画批評家協会賞主演男優賞、『ゲット・ショーティ』ではゴールデングローブ賞主演男優賞、『バトルフィールド・アース』、『ワイルド・レース』、そして『ファナティック』ではゴールデンラズベリー賞最低主演男優賞を受賞することになりました。

それ以外にも、『キャリー』、『ステイン・アライブ』、『シビル・アクション』、『クリミナル・ミッション』、『リベンジ・リスト』といった映画に出演しています。

デヴォン・サワさんは、197897日、カナダの出身で、20208月現在の年齢は、41歳となっています。

映画『アイドル・ハンズ』への出演によって、ブレイク。

ほか、映画では、『ファイナル・デスティネーション』でサターン賞を受賞することになりました。

それ以外にも、『キャスパー』、『キリング・タウン』、『ブラッド・エンジェル』、『大脱出3』といった映画に出演しています。

ほか、アナ・ゴーリャさん、ジェイコブ・グロドニックさん、ジェームズ・パクストンさんといったキャストがいました。

それでは、映画『ファナティック』におけるジョン・トラボルタさんの役どころを確認していきましょう。

2.映画『ファナティック』のジョン・トラボルタの役どころ

一般的に、ジョン・トラボルタさんといえば、やっぱり映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のイメージがもっとも強いのではないでしょうか。

しかし、そんなジョン・トラボルタさんが映画『ファナティック』で演じたムース役とは、あまりにも衝撃的な役どころなのでした。

くわしくは、次の映画『ファナティック』のあらすじで取り上げますが、映画のタイトルどおり、「ファナティック」な男だったのですね。

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』で演じたトニー・マネロ役のイメージは微塵もありません。

それでは、そんな映画『ファナティック』とは、はたして、どんな内容の作品だったというのでしょうか?

3.映画『ファナティック』のあらすじ

映画『ファナティック』は、想像以上に「ファナティック」な内容でした。

主人公のムースは、ハリウッド大通りにおいてパフォーマンスをして生計を立てています。

そんなムースは、実はそうとうな映画マニアだったのでした。

ちなみに、ムースは俳優であるハンター・ダンバーの熱狂的なファンでもあります。

ムースの夢とは、ゆくゆく、ハンター・ダンバーのサインを入手するという、ごくささやかなものだったのでした。

ところが、ムースは、ハンター・ダンバーのサイン会に行ったところ、すげない対応をされたことで、次第にその感情はおだやかならぬものに。

こうして、ムースは、ハンター・ダンバーの自宅を突き止めて押し掛けるなど、暴走していくのでした。

その結果、2人のあいだには悲劇が起こってしまうのです。

やはり、映画『ファナティック』は、ジョン・トラボルタさんにとって、新境地といえそうな異色作のようですね。

4.映画『ファナティック』のネタバレ感想

映画『ファナティック』のネタバレは、くわしく分かっておりません。

もっとも、ムースとハンター・ダンバーのあいだには悲劇が起こります。

ですから、どちらかが、あるいは両方が死んでしまう可能性も否定できません。

ネット上では、ジョン・トラボルタさんの怪演がすごすぎるといった感想も。

どのようなオチになっているのか楽しみですね。

【関連】

映画『ファナティック』は、ジョン・トラボルタさんへのイメージを180度変えかねない危険な作品でした。

しかし、それだけに、観る意義は大きいのではないでしょうか。

ぜひ、この最高にファナティックな映画をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる