稲葉友の経歴|出演ドラマや映画とテレビ番組|中国語を話す動画を確認

稲葉友さんといえば、イケメン人気俳優の1人として、とてもよく知られている存在ですよね。

そこで、これまでに、そんな稲葉友さんはどのようなキャリアを積んできたというのか、さっそく見ていきたいと思います。

また、稲葉友さんのこれまでの俳優としての経歴のうち、絶対に欠かせないであろう、出演してきたドラマや映画についても、チェック。

さらに、稲葉友さんが出演してきたテレビ番組には、どういうものがあったのかも調べてみました。

また、稲葉友さんが中国語を話す動画も取り上げてまいりきますので、こちらのほうもご覧ください。

もくじ

1.稲葉友の経歴

稲葉友さんは、1993112日、神奈川県の出身で、202010月現在の年齢は、27歳となっています。

身長は、175センチ。

所属している芸能事務所は、レプロエンタテインメントでした。

趣味は、観劇、音楽、コミック、麻雀、お笑い鑑賞、ウォーキング、写真撮影、落語鑑賞、掃除、DIYなど、実にはばひろいもの。

特技は、野球、バスケットボール、ハンドボール、逆立ち、歌、殺陣など、こちらもバラエティー豊かなものとなっています。

好物は肉で、嫌いな食べ物はトマトとのこと。

取得している資格は、普通自動車免許です。

そんな稲葉友さんは、2009年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリになったことがキッカケとなって、芸能界に入ることに。

その後、2010年には、ドラマ『クローン ベイビー』に出演したことによって、めでたく俳優デビューすることになりました。

そして映画では、2011年、『行け!男子高校演劇部』に出演したことによって、デビューとなっています。

ほかに、稲葉友さんは、舞台では、『真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~』、『KIRA~赤穂事件推理帳~』、『レンタル彼女』、『疾走ライダー』、『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』、『フランダースの負け犬』、『すべての四月のために』、『シスター』、『エダニク』、『母を逃がす』など。

CMでは、ライオン、ABC MARTGREEなど。

ゲームでは、『仮面ライダーバトル ガンバライジング』、『仮面ライダー トランセンドヒーローズ』、『仮面ライダー バトライド・ウォー 創生』、『オール仮面ライダー ライダーレボリューション』、『仮面ライダー クライマックスファイターズ』、『仮面ライダー シティウォーズ』、『仮面ライダー ブットバソウル』、『仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ』などに出演してきました。

これからも、そんな稲葉友さんの活動を注視していきましょう。

2.稲葉友の学歴

そんな稲葉友さんですが、出身高校や出身大学は、それぞれどこだったのかが、とても気になりますよね。

さっそく探ってみたところ、出身高校は、神奈川県立神奈川総合産業高校でした。

こちらの出身の著名人には、夕闇に誘いし漆黒の天使達の小柳さん、ともやんさん、にっちさん、株式会社ゼロネコ代表取締役社長の佐藤勇輔さんなどがいます。

なお、稲葉友さんは、神奈川県立神奈川総合産業高校卒業後、大学には進学していませんでした。

3.稲葉友の出演ドラマや映画とテレビ番組

稲葉友さんがこれまでに出演してきたドラマ、映画、テレビ番組も確認しておきましょう。

ドラマは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、『仮面ライダードライブ』、『MARS~ただ、君を愛してる~』、『ひぐらしのなく頃に』、『HiGH&LOWTHE STORY OF S.W.O.R.D.season2』など。

映画は、『シライサン』、『春待つ僕ら』、『私の人生なのに』、『笑う招き猫』、『HiGH&LOW THE MOVIE』など。

テレビ番組は、『テレビで中国語』となっていました。

『テレビで中国語』は、NHKEテレで放送されている語学番組。

次回は、2020108日、600625に放送される予定です。

内容は、稲葉友さんをメインとしたキャストたちが、中国語に取り組んでいくチュウ活カフェにて中国語を学んでいくというもの。

出演者は、稲葉友さん、陳淑梅さん、王陽さん、秋吉健吾さん、ロン・モンロウさん、ただすけさん、李軼倫さん、劉セイラさん、浅野杏奈さん。

少しでも語学や中国語に興味があるという方は、ぜひ、『テレビで中国語』をご覧になってみてはいかがでしょうか。

4.稲葉友が中国語を話す動画

『テレビで中国語』に出演していた、稲葉友さん。

そこで、稲葉友さんが中国語を話す動画も確認してみました。

稲葉友さんは、2020818日に放送された、『テレビで中国語』第12課「私は10分休憩します」が注目されていました。

稲葉友さんは、オンラインで陳淑梅さんから中国語を学んでいたのです。

ここでは、時間の長さを伝える表現がメインになっていました。

これからも『テレビで中国語』に注目していきたいですね。


イケメン俳優として、さまざまな映画、ドラマに出演していた、稲葉友さん。

なかでも、『テレビで中国語』は必見となることでしょう。

2020108日の放送も見逃さないようにしたいですね。

もくじ
閉じる