岩井志麻子の元夫との離婚経緯や現在の旦那の失踪理由と現在地を調査

URLをコピーする
URLをコピーしました!

作家として有名な岩井志麻子さんについて、見ていきたいと思います。

本業は作家ながらも、タレント、さらには成人向けビデオの監督としても活躍するなど、はばひろいジャンルで活動していた、岩井志麻子さん。

作家としては恋愛要素がある作品で知られていますが、ここでは、ずばり、そんな岩井志麻子さんの結婚について、取り上げていくことといたします。

実は、離婚歴があって、現在の旦那とは再婚だった、岩井志麻子さん。

はたして、岩井志麻子さんの元旦那との離婚の経緯とは、どうなっていたのでしょうか。

そして現在の旦那は失踪していたといわれていますので、その理由、現在地も調べてみました。

 

もくじ

1.岩井志麻子の経歴

岩井志麻子さんは、1964年12月5日、岡山県の出身で、現在の年齢は55歳となっています。

岩井志麻子さんは、高校時代に、小説ジュニア短編小説新人賞において佳作入選をはたし、『夢みるうさぎとポリスボーイ』によって、若くして作家デビューをはたしました。

そんな岩井志麻子さんの名前を決定的に有名にしたのが、1999年、「岡山桃子」名義で発表した、『ぼっけえ、きょうてえ』です。

『ぼっけえ、きょうてえ』は、それまで岩井志麻子さんが手がけてきたジュニア小説とは異なり、ホラー小説。

この『ぼっけえ、きょうてえ』によって、岩井志麻子さんは、日本ホラー小説大賞を受賞することになり、ブレイクしたのでした。

さらに、岩井志麻子さんは、2000年には『ぼっけえ、きょうてえ』によって山本周五郎賞を、2002年には『trái cây〔チャイ・コイ〕』によって婦人公論文芸賞を、そして『自由戀愛』によって島清恋愛文学賞をあいついで受賞し、作家としてのキャリアを築いていったのです。

いままでに発表してきた作品は、ほかに、『岡山女』、『現代百物語 嘘実』、『忌まわ昔』、『小説 エコエコアザラク』など。

このように、作家としてのキャリアがすごかった岩井志麻子さんは、タレントとしても活躍していきました。

これまでに出演してきたテレビ番組は、『KSBスーパーJチャンネル』、『5時に夢中!』、『踊る!さんま御殿!!』、『笑っていいとも』、『有吉反省会』など。

とくに、『KSBスーパーJチャンネル』における金曜コメンテーター、『2時ワクッ!』における木曜レギュラー、『5時に夢中』における木曜コメンテーター、『すくいず!』や『世界ビックリ映像クイズ』における解答者として有名です。

くわえて、成人向けビデオの監督としての活躍もあった、岩井志麻子さん。

それぞれの分野での動きに、これからも注目していきたいですね。

2.岩井志麻子の学歴

このような経歴の持ち主だった、岩井志麻子さん。

それでは、岩井志麻子さんの出身校とは、どこだったのでしょうか?

岩井志麻子さんは、高校は岡山県立和気閑谷高校商業科卒業でした。

大学には進学していません。

なお、岡山県立和気閑谷高校からは、正宗白鳥さん、三木露風さん、戸田貞三さん、藤原啓さん、藤原敬介さん、藤原審爾さん、國貞克則さん、鼠先輩さんなどが輩出されています。

正宗白鳥さんと藤原審爾さんは小説家ですから、小説家を輩出しやすい校風なのでしょうか。

 3.岩井志麻子の元夫との離婚経緯

冒頭でも述べましたように、現在、旦那がいるものの、過去には離婚歴もあったという、岩井志麻子さん。

はたして、岩井志麻子さんの元旦那との離婚の経緯とは、どういうものだったのでしょうか。

岩井志麻子さんは、1988年、岡山県の企業の社長と結婚しました。

その後、娘と息子を出産したというものの、1999年に離婚していたのです。

離婚の理由は、有名作家になったキッカケである『ぼっけえ、きょうてえ』で日本ホラー小説大賞を受賞したことで、これを機に離婚して上京したとのこと。

なぜ、こういうことで離婚となってしまったのかは分かりません。

上京したかった岩井志麻子さんと、岡山県の企業の社長である元旦那とのあいだで、方向性が違ったということでしょうか。

少しもったいない気がしますね。

 4.岩井志麻子の現在の旦那の失踪理由と現在地

その後、岩井志麻子さんは、2008年に、なんと18歳も年下の韓国人と再婚していました。

が、さらにおどろくべきことに、この現在の旦那は、なんと、失踪していたといわれていました。

理由や、現在地がどこなのかが気になりますよね。

実は、岩井志麻子さんの現在の旦那は浮気していたのでした。

当初は、また離婚しようと思ったという、岩井志麻子さん。

すると、現在の旦那は、韓国で行方不明になって、岩井志麻子さんが韓国で警察に失踪届を出したというのです。

ところが、現在の旦那の失踪というのは、ジョークだったとのこと。

実際には、現在の旦那とは別居状態ながら、離婚はしないことにしたようですよ。

作家という枠にハマらない活動を展開していた、岩井志麻子さん。

なんとも破天荒ですが、魅力的ですね。

作家としての新刊のほうも、とても楽しみです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる