金井憧れ(あこがれ)の変な名前の由来や改名を考えた過去と北海道放送時代のあだ名を調査

今回は、フリーアナウンサーの金井憧れ(あこがれ)さんの話題をお届けしていきたいと思います。

初めて金井憧れさんのことを知った方は、きっと、「金井憧れ」を誤植だと思ったことでしょう。

しかし、実はそうではなく、「金井憧れ」はれっきとした正式な表記であり、かつ本名なのでした。

これにはビックリせざるを得ませんが、はたして、金井憧れさんが、このような変な名前になったのは、どうしてだったのでしょうか。

由来が気になりましたので、さっそく調べてみました。

また、金井憧れさんは、名前の改名を考えた過去があったといいますから、こちらも見ていきましょう。

この記事では、さらに、金井憧れさんの北海道放送時代のあだ名もご紹介していきます。

もくじ

1.金井憧れ(あこがれ)の経歴

金井憧れ(あこがれ)さんは、19911210日、愛知県の出身で、20209月現在の年齢は、28歳です。

血液型はA型。

所属事務所はTBSスパークル。

特技は、イラスト、フルマラソン、インドネシア語で、取得した資格は、英検準1級となっていました。

そんな金井憧れさんは、幼少時にはアメリカで暮らしていたこともあったという、国際感覚豊かな経歴の持ち主。

アメリカから日本に帰国してからは、中学ではバドミントン、高校ではチアリーディングに励んでいます。

ちなみに、学歴は、中学、高校は筑波大学附属中学校・高校、大学は慶應義塾大学総合政策学部という、そうとうな高学歴。

おまけに、頭脳だけではなく、容貌においても、大学時代には、ミス鎌倉、ミスSFCに選ばれるなど、活躍を見せていたのでした。

なお、金井憧れさんは、大学在学時から、『BSフジNEWS』、『ULALA@7』などに出演したことによって、学生キャスターとしての活動をスタートさせました。

一方では、マラソンでも活躍していき、2014年、名古屋ウィメンズマラソン2014に出場して、完走していたのです。

そして金井憧れさんは、大学を卒業すると、2014年、まずは北海道放送に入社し、アナウンサーとしての活動を正式にスタートさせることに。

以後、2015年には、『NHK・民放連共同ラジオキャンペーン in 北海道 「キタラジ」』において、HBCラジオのキタラジサポーターとして活躍しました。

その後、金井憧れさんは、2017年、北海道放送を退社して、フリーアナウンサーに転身。

TBSニュースバード』においてキャスターとなります。

そして『はやドキ!』、『HBCニュース』、『今日ドキッ!』、『ちちんぷいぷい』、『あさチャン!』、『アジアとつながるガッチャンコジャーニー』、『今日ドキッ!』、『あぐり王国北海道NEXT』といった番組を担当していきました。

また、ラジオにおいても、『カーナビラジオ午後一番!』、『あゆみの部屋』、『爆笑問題の日曜サンデー』、『キタラジ!sports』、『道新ニュース』、『HBCニュース』、『イマ☆ドキッ!』、『ウィークエンドNAVI ファンダフル!』、『部活なう』といった番組に出演しています。

2.金井憧れ(あこがれ)の変な名前の由来

これだけの実績があった金井憧れ(あこがれ)さんですが、やっぱり、この変わった名前は、一度見たら、忘れられませんよね。

いったい、どのような由来だったのでしょうか。

「金井憧れ」は父親が命名したもので、「わらべのような純真なこころを大切にしてほしい」という意味が込められていたとのこと。

立派な親心だと思いますが、あまりにもめずらしい名前だけに、やっぱり、何かと大変そうですよね。

3.金井憧れ(あこがれ)の改名を考えた過去

ある意味、当たり前だと思いますが、金井憧れ(あこがれ)さんは、あまりにも珍名すぎるため、改名を検討したこともあったとのこと。

実際に改名方法を調べたといいますから、そうとうなものですよね。

これまで、名前を呼ばれたときに注目されたり、就活にも影響するなど、負担も少なくなかったとか。

もっとも、フリーアナウンサーとしては、すぐに名前を覚えてもらえるため、今では、そこまで悪く思っていないそうですよ。

4.金井憧れ(あこがれ)の北海道放送時代のあだ名

このように、珍名ゆえに苦労もしたという、金井憧れ(あこがれ)さん。

おまけに、フリーアナウンサーになる前、北海道放送に勤務していたころには、あだ名もあったとか。

いったい、どういうものだったのでしょうか。

こちらは、「たがれちゃん」、「きまぐれちゃん」、「ウクレレちゃん」といったものだったそうです。

見たところ、とくに悪意を感じさせるようなものなどではなくて、金井憧れさんにとってはさいわいでしたね。


金井憧れ(あこがれ)さんは、フリーアナウンサーとしては、まさにエリートコースそのものの人生を歩んでいました。

しかし、それだけに、やはり名前のギャップはすごいものがありますね。

とはいえ、これからも、目立ちすぎる名前をうまく武器に使って、がんばってくれることを願いましょう。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる