LAコンフィデンシャルのネタバレ考察|リンがエドと寝た理由をバドのためと言った意味

LA.コンフィデンシャル』といえば、ノワールの巨匠として知られるジェイムズ・エルロイさんの小説『L.A.四部作』シリーズの第3作です。

ここでは、同作の映画化となった、カーティス・ハンソン監督作品の映画『LA.コンフィデンシャル』について見ていきましょう。

LA.コンフィデンシャルのノーカットフル動画を今すぐ無料で見たい場合、動画配信サービス「クランクインビデオ」の無料お試しが最適です。

LAコンフィデンシャルのプレイ画像

映画『LA.コンフィデンシャル』のあらすじ、ネタバレはどうなっていたのでしょうか。

さらに、映画『LA.コンフィデンシャル』において、リン・ブラッケンがエド・エクスリーと寝た理由をバド・ホワイトのためと言った意味もチェックしていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

もくじ

1.映画『LA.コンフィデンシャル』のキャスト

映画『LA.コンフィデンシャル』で、主人公のジャック・ヴィンセンス役を演じているのは、ケヴィン・スペイシーさんです。

ケヴィン・スペイシーさんは、1959726日、アメリカの出身で、20208月現在の年齢は、61歳となっていました。

これまでに出演してきた映画は、『セブン』、『アメリカン・ビューティー』、『スーパーマン リターンズ』などとなっています。

キャストは、主要人物は、バド・ホワイト役はラッセル・クロウさん、エド・エクスリー役はガイ・ピアースさん、ダドリー・スミス役はジェームズ・クロムウェルさん、リン・ブラッケン役はキム・ベイシンガーさん。

その他、シド・ハッジェンス役はダニー・デヴィートさん、ディック・ステンスランド役はグレアム・ベッケルさん、ピアース・モアハウス・パチェット役はデヴィッド・ストラザーンさん、エリス・ローウ役はロン・リフキンさん、ジョニー・ストンパナート役はパオロ・セガンティさん、スーザン・レファーツ役はアンバー・スミスさん、リーランド・バズ・ミークス役はダレル・サンディーンさん、マット・レイノルズ役はサイモン・ベイカーさん、ブレット・チェイス役はマット・マッコイさん、ミッキー・コーエン役はポール・ギルフォイルさん、ラナ・ターナー役はブレンダ・バーキさん、カレン役はシンバ・スミスさん、フィリップ役はロバート・ハリソンさん、ブロイニング役はトーマス・アラナさん、カーライル役はマイケル・マクリアリーさん、レイ・コリンズ役はジェレマイア・バーケットさん、ルイス・フォンテイン役はサリム・グラントさん、タイ・ジョーンズ役はカー・ワシントンさんとなっていました。

2.映画『LA.コンフィデンシャル』のあらすじ

舞台となるのは1950年代のロサンゼルスです。

街では、マフィアたちによるバトルがひどいものになっていました。

さて、バド・ホワイトが警察署に帰ったところ、警察官を襲った事件の犯人たちが連れてこられました。

バド・ホワイトは、エド・エクスリーが止めるなか、バディに犯人たちといざこざを起こされ、それをマスコミに嗅ぎつかれてしまいます。

やがてバド・ホワイトのバディはクビになり、逆にエド・エクスリーは出世し、証言を断ったためにバド・ホワイトは停職に。

しかし、バド・ホワイトは、ダドリー・スミスによって復帰でき、あるミッションを任されました。

それは、マフィアのロサンゼルスへの進出を食い止めるというもの。

そんななか、コーヒーショップで殺人事件が発生し、バド・ホワイトのバディが巻き込まれていたことが明らかになりました。

その後、バド・ホワイトは、リン・ブラッケンといっしょにいた女性が被害者に混じっていたと知ります。

3.映画『LA.コンフィデンシャル』のネタバレ考察

黒幕はダドリー・スミスでした。

バド・ホワイトとエド・エクスリーは、ピアース・モアハウス・パチェットが殺されていたことを知り、リン・ブラッケンを守りました。

やがてバド・ホワイトとエド・エクスリーは、ダドリー・スミスとバトルに発展し、エド・エクスリーによってダドリー・スミスは倒されます。

ダドリー・スミスは、ピアース・モアハウス・パチェットと組んでマフィアを支配しようとしていて、バド・ホワイトのバディもこれにからんで殺されていたのでした。

4.映画『LA.コンフィデンシャル』でリンがエドと寝た理由をバドのためと言った意味

さて、映画『LA.コンフィデンシャル』といえば、リン・ブラッケンがエド・エクスリーと寝た理由をバド・ホワイトのためと言ったことも気になります。

この意味は何だったのか、見ていきましょう。

劇中で、リン・ブラッケンは、バド・ホワイトに向かって、エド・エクスリーと寝たのは彼のためだと懇願していました。

これは、リン・ブラッケンが、エド・エクスリーと寝ないとバド・ホワイトを殺すと脅されていたためなのでした。

けっこう、ショッキングですね。

もっとも、その後、エド・エクスリーは、リン・ブラッケンに、おたがいに利用し合ったのだと語っているため、実害はそこまでなかったともいえそうですけどね。


以上が映画『LA.コンフィデンシャル』の内容となりますが、アメリカの暗黒面の怖さを痛感させられる作風ですね。

警察とマフィアのバトルといい、意外すぎる顛末といい、さすが本場といった感があります。

これを機会に、原作の小説にも目を通してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる