MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の場所やアクセスと設計した建築家IMペイの経歴

20201011日、800900BS11で、『フランス人がときめいた日本の美術館 セレクト』が放送されることになっています。

さて、今回、『フランス人がときめいた日本の美術館 セレクト』で取り上げられる美術館というのが、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)なのでした。

このMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)とは、はたして、どのような美術館だったのでしょうか。

そこで、この記事では、そんなMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の場所はどこだったのかや、アクセスについて、見ていくことにしましょう。

また、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)を設計した建築家であるIMペイさんの経歴も、あわせて調べてみました。

【関連】
もくじ

1.MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)とは

『フランス人がときめいた日本の美術館 セレクト』は、20201011日、800900BS11において、放送される予定。

出演者は、旅人が藤田可菜さん、語りが椎名桔平さん。

内容は、フランス人美術研究家のソフィー・リチャードさんのメッセージのもと、旅人が日本の美術館の魅力を案内していくという、ドキュメンタリー番組でした。

今回は、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)という美術館が紹介されることになっています。

わざわざテレビ番組で取り上げられる以上、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)がすぐれた美術館であることは疑いの余地がないでしょう。

↓MIHO MUSEUMの内観ビュー

そこでさっそく、そんなMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)とは、どういう美術館だったのか、見てまいりたいと思います。

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)は、神慈秀明会会主の小山美秀子さんの美術品を展示している美術館。

館長は、元静岡芸術文化大学学長の熊倉功夫さんです。

オープンしたのは1997年で、2020年現在、その歴史は23年に及んでいました。

外観のイメージは桃源郷だといい、多くの部分が地下にあるという、独特の施設です。

敷地内には、桜並木やトンネルもあるなど、景観は風情を感じさせるものになっていました。

なお、敷地内には、非常にめずらしいことに、電気自動車が走っております。

そんなMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)におさめられた美術品は、2000種類以上という、膨大な数に及んでいて、美術品のもたらされた国は、日本はもちろん、中国、ギリシャ、エジプトなど、多岐にわたっていました。

日本国内にある、公的なものではない美術館としては、そうとうな規模をほこっているといえるでしょう。

もしも機会があったならば、ぜひとも、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)に寄ってみたいものですね。

きっと、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)は、来館者の鑑賞欲を満たしてくれるに違いありません。

2.MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の場所やアクセス

そんなMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)に実際に行ってみたいという方も、たくさんいらっしゃることでしょう。

そこで、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の場所やアクセスも確認しておきたいと思います。

住所は、滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

アクセスは、まずは、JR東海道本線石山駅で下車。

その後、帝産湖南交通のMIHO MUSEUM行きに乗車して、約1時間で到着です。

もし、近くに寄る予定がある方は、行かれてみてはいかがでしょうか。

ただし、MIOH MUSEUMに入館するには公式サイトからの事前予約が必要です。

あわせて読みたい
MIHO MUSEUM | I.M.Pei 設計の美術館。古代エジプト,ギリシャ・ローマ,アジア等世界の優品と日本美術の優品...

3.MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)を設計した建築家IMペイの経歴

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の設計者も気になりますが、こちらは建築家のIMペイさんでした。

IMペイさんは、1917426日、中国の出身。

本名は「イオ・ミン・ペイ」で、国籍はアメリカです。

ハーバード大学助教授を経て、建築家として、ウェッブ&ナップに勤務し、独立後、I.M.ペイ&パートナーズを立ち上げました。

以後、日本万国博覧会中華民国館、ジョン・ハンコック・タワー、JPモルガン・チェース・タワー、ルーヴル美術館ルーヴル・ピラミッド、フォーシーズンズホテル・ニューヨーク、ロックの殿堂などを手がけていきます。

プリツカー賞を受賞したり、同済大学名誉博士号を授与されるなど、その業績は高く評価されました。

そして2019516日、102歳という長寿をまっとうしています。

4.MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)を設計した建築家IMペイの学歴

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)を設計したIMペイさんの学歴は、どういう感じだったのでしょう。

IMペイさんは、まずは、ペンシルベニア大学に進学したものの中退し、マサチューセッツ工科大学に編入。

その後、マサチューセッツ工科大学を卒業し、さらにハーバード大学大学院に進学して、休学を経て復学し、建築学修士号を取得していました。

なにしろ、ハーバード大学助教授を務めたわけですから、そこまで意外ではないものの、やはり圧巻といえる高学歴ですね。

一連の建築家としての数々の業績にも納得できます。

【関連】

このように、あまりにもスケールの大きな美術館だった、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)

あまり美術に興味がないという方であっても、これは、一回は行ってみたいものですよね。

20201011日には、『フランス人がときめいた日本の美術館 セレクト』を視聴して、MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)の数多くの美術品を味わってみましょう。

 

 

フランス人がときめいた日本の美術館 セレクト「MIHO MUSEUM」(滋賀県甲賀市)
https://tv.yahoo.co.jp/program/77637362/

MIHO MUSEUM|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/MIHO_MUSEUM

MIHO MUSEUM|Googleマップ
https://goo.gl/maps/vJNB6ecN88uWktR97

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる