満島真之介の離婚理由|相手との馴れ初めから別れるまでの経緯を徹底調査

今回は、俳優の満島真之介さんについて、いろいろなことを特集していきたいと思います。

これまでに俳優として、本当に輝かしいキャリアを築いてきた、満島真之介さん。

映画にせよ、ドラマにせよ、まさに、すばらしい活躍ぶりを見せてくれました。

ところが、そんな満島真之介さんには、とてもショッキングなことですが、なんと、せっかく結婚した嫁と、その後、不幸にも離婚してしまったという過去もあったとか。

そこで、満島真之介さんの嫁との馴れ初めから、離婚理由、別れるまでの経緯を、これから確認してまいりましょう。

それではさっそく、ご覧ください。

もくじ

1.満島真之介の経歴

満島真之介さんは、1989530日、沖縄県の出身で、20209月現在の年齢は、31歳となっています。

姉は満島ひかりさん、妹は満島みなみさん、そして弟は満島光太郎さんという、芸能一家となっていました。

とはいえ、いきなり芸能界に入ったわけではなく、学童保育のアルバイトや、映画の演出助手をするなど、一般人としても働いています。

ところが、満島真之介さんは、自転車で日本一周をすることに決め、その最中、満島ひかりさんが出演する映画のポスターなどを見たことで刺激され、俳優になろうと思うようになりました。

そして芸能界入りした満島真之介さんは、2011年、『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』に出演したことによって、ドラマデビュー。

2012年には、『1125自決の日 三島由紀夫と若者たち』に出演したことによって、映画デビューもしています。

その後、映画では、『風俗行ったら人生変わったwww』、『無限の住人』、『三度目の殺人』、『散歩する侵略者』、『クソ野郎と美しき世界』、『止められるか、俺たちを』、『キングダム』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、『ドクターX~外科医・大門未知子~』、『紙の月』、『永遠の0』、『ボク、運命の人です。』、『BG~身辺警護人~』などに出演しました。

さらに、CMでは、読売新聞、サントリー、KOMATSUUNIQLO、ソフトバンク、コカ・コーラ、ユーキャン、ダイドードリンコなどに出演しています。

これまでの受賞歴は、TAMA映画賞最優秀新進男優賞、報知映画賞新人賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞となっていました。

そんな満島真之介さんは、2020年は、ドラマ『カレーの唄。』、2021年は、NHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演することが決まっています。

これからもまだまだ満島真之介さんから目が離せなくなることでしょう。

2.満島真之介の学歴

それでは、満島真之介さんの出身高校や出身大学は、どこだったのでしょうか。

満島真之介さんが卒業した高校は、沖縄県立コザ高校でした。

沖縄県立コザ高校からは、女優では、屋比久知奈さん。

野球選手では、比嘉幹貴さん。

ラグビー選手では、桑江健一郎さん、當眞琢さん、比屋根裕樹さん。

ハンドボール選手では、我如古龍生さんが輩出されています。

ちなみに、満島真之介さんは、大学へは進学していませんでした。

3.満島真之介の結婚相手との馴れ初め

満島真之介さんといえば、姉の満島ひかりさんをはじめ、芸能人が多い家系です。

それだけに、結婚した嫁がどういう人だったのかも興味深いわけですが、一般人でした。

しかし、一般人といっても、芸能関係者で、それも満島ひかりさんのマネージャーだったのです。

これは、ふつうの女優などと結婚するよりも、ある意味、すごい話ではないでしょうか。

なお、満島真之介さんと嫁は、なんと7歳も差があったとのこと。

馴れ初めが気になりますが、満島真之介さんと嫁は、家族ぐるみで付き合っていたといいます。

したがって、状況的に、満島ひかりさんを介して親しくなっていったということでしょうね。

それにしても、自身のマネージャーならともかく、兄弟の芸能人のマネージャーとは、本当に意外でした。

4.満島真之介の離婚理由|別れるまでの経緯

姉のマネージャーと結婚していた満島真之介さんではあったものの、あいにく、2014年の結婚からわずか3年後の2017年には、早々に離婚してしまったのでした。

どうしてだったのか、理由を探ってみたものの、とても残念な経緯となっていたのですね。

満島真之介さんは風俗案内店を利用していて、その後、ホテルで女性従業員からその種のサービスを受けていたのでした。

これが報道されてから離婚まであっという間だったことから、他に原因は考えにくいでしょう。

このように、満島真之介さん夫妻には、芸能人と、その姉の芸能人のマネージャーの結婚という、ロマンティックな馴れ初めからは、およそ考えられないような、驚愕の結末が待っていたわけでした。


俳優としては、本当に非の打ちどころがない、満島真之介さん。

それだけに、結婚と離婚の流れは、意味は異なるものの、それぞれ仰天でしたね。

ともあれ、これからも俳優としてのさらなる飛躍を見守っていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる