森崎ウィンの世界を股にかける俳優経歴|両親の国籍やごくせんなど出演ドラマや映画一覧を調査

今回は、いま、もっとも旬な俳優の1人である森崎ウィンさんについて、取り上げていきたいと思います。

その世界を股にかけるともいわれる経歴がすごいということで、さっそく、調査してみました。

さて、森崎ウィンさんといえば、純日本人とは思えないルックスの持ち主ですが、いったい、両親の国籍はどうなっていたのでしょうか。

さらに、この記事では、森崎ウィンさんの、『ごくせん』などの出演ドラマ、出演映画についても、チェックしていきますので、ご覧ください。

もくじ

1.森崎ウィンの経歴

森崎ウィンさんは、1990820日、ミャンマーの出身で、20202月現在の年齢は、29歳となっています。

生まれはミャンマーだった森崎ウィンさんは、小学生になってから来日し、以後、日本で生活しますが、中学生時代にスカウトされ、芸能活動を開始することに。

2008年には、PrizmaXのメンバーになった、森崎ウィンさん。

同年、ドラマ『東京少女桜庭ななみ』への出演によって、俳優としてドラマデビュー。

そして、2009年、映画『ごくせん THE MOVIE』への出演によって、映画デビューしました。

2010年には、NAKED BOYZのメンバーにもなって活躍。

さらに、森崎ウィンさんは、歌手としても、2013年、PrizmaXのシングル「Mysterious Eyes/Go!」のリリースによって、デビューしています。

しかし、その経歴は、世界を股にかけるともいわれるだけあって、まだまだこれだけではありませんでした。

2016年には、アメリカの映画『レディ・プレイヤー1』に出演したことによって、若干、27歳という若さでハリウッドデビューまではたしていたのでした。

さらに、2018年には、ミャンマーの出身者という経歴もあって、ミャンマー観光大使に就任までしています。

もちろん日本国内における活躍もたいしたもので、2020年には、映画『蜜蜂と遠雷』での演技によって、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したのでした。

このように、森崎ウィンさんの経歴は、ふつうの芸能人や俳優とはあまりにも違いすぎますから、ただただ目をみはるばかりですよね。

今後もきっと、森崎ウィンさんは、息の長い俳優活動を展開していってくれるに違いありません。

2.森崎ウィンの両親の国籍

このように、国内外で活躍していた森崎ウィンさんなのですが、その両親の国籍は、どうなっていたのでしょうか。

ミャンマーの出身ですし、顔も純日本人という感じではない、森崎ウィンさん。

やはりミャンマー系だったのか、気になりますよね。

調べてみたところ、森崎ウィンさんは、父親も母親もミャンマー人とのこと。

つまり、森崎ウィンさんは、日本人の血はまったく入っていない、完全なミャンマー人だったのでした。

そうなってきますと、「森崎」という名字は何なのか興味深いところですが、その由来は不明とのこと。

日本で俳優として活動していくために、あえて日本風の芸名にしたのかもしれませんね。

ちなみに、森崎ウィンさんの本名は、ただの「ウィン」。

彼に限ったことではなく、もともとミャンマーでは、名字というものがないからだそうですが、実に意外ですね。

3.森崎ウィンの『ごくせん』など出演ドラマ

さて、森崎ウィンさんのすばらしい経歴をお伝えしてきましたが、俳優としての出演作がどうなっていたのかも、知っておきたいですよね。

そこで、その出演ドラマを追っていきましょう。

森崎ウィンさんにとって、ドラマでの初期の代表作となったのが、五十嵐真役を演じた、2009年の『ごくせん卒業スペシャル』。

同年には、稲本弾吾役で『仮面ライダーW』に出演し、ヒーローものデビューしました。

そんな森崎ウィンさんは、2018年以降、ドラマ出演が急増していきました。

2018年には、相沢役で『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』、木村アウン役で『My Dream My Life』、天宮光一役で『ハゲタカ』に出演。

2019年には、辻一路役で『本気のしるし』に出演しています。

4.森崎ウィンの出演映画

続いては、森崎ウィンさんの出演映画をご紹介したいと思います。

2010年には、誠役で、吉田修一さん原作の『パレード』、市ノ瀬誠役で『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』に出演。

2014年には、佐藤潤一役で『シェリー』、グエン役で『クジラの島の忘れもの』にあいついで主演。

そして2019年には、先述のとおり、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、高く評価されることになった『蜜蜂と遠雷』に、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役で出演。

ピアノコンクールでの優勝をめざして、3人のライバルと戦っていく天才ピアニストという役どころで、大変注目されることになったのでした。

しかし何と言っても外せないのが2018年のSF映画『レディプレイヤー1』への出演でしょう。

この映画で森崎ウィンさんは、唯一の日本人役で登場。

なんとあのガンダムに返信して出撃・戦闘シーンを繰り広げるのでした。


あらためて振り返ってみて、森崎ウィンさんのすごさが如実にわかりましたね。

本業である俳優としてもおおいに活躍をみせつつ、歌手や観光大使までやっていたという、森崎ウィンさん。

今後も、あらたなハリウッド映画への出演など、その一挙手一投足が見逃せなくなっていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる