千利休の妙喜庵待庵は2畳の草庵茶室|画像やわびさびの意味も

千利休は日本の茶道の源流を作った安土桃山時代の茶人ですよね。

今回は千利休の設計した「妙喜庵待庵」の間取りや画像、わびさびの意味等について調べてみました。

一級建築士試験の「計画」でたびたび出題されます。

直接回答に関わるだけでなく、設問で触れられるバックグラウンドに登場することも多いですので、詳しく見ておくようにしましょう。

【関連】
もくじ

千利休プロフィール

本名 幼名=田中与四郎(よしろう)
法名(戒名)=宗易(そうえき)、抛筌斎(ほうせんさい)
生年/没年月日 1522年/1591年4月21日
出身地 和泉国堺
身長 180cm
作品 妙喜庵待庵、黄金の茶室 等

千利休という名前は、禁中茶会の際に町人の身分では宮中に入れないため、

正親町天皇(おおぎまちてんのう)から授かった居士号(こじごう)で、それが定着したのだそうです。

千利休の設計した妙喜庵待庵の間取り

千利休が設計した妙喜庵待庵の間取りは、

2畳の「茶室」1畳の「次の間」、同じく1畳の「勝手の間」からなり、「床(とこ)」は入隅を塗り込めた室床という作りになっています。

茶室へはにじり口という小さな(縦横60cm程度)入口から体をかがめて入るようになっています。

その理由は身分の違う人でも茶室の中では平等という考えから、武士でさえも頭を低くして入るようになっているんだとか。

かつてはにじり口の上に刀掛けがあったそうです。

刀を外して入ったんですね。

また、妙喜庵待庵の一番の特徴は窓だと言われています。

小さな窓は小窓(こま)と呼ばれ、内部に取り入れる光のコントロールをするために小さな窓を適所に配置したんだそうです。

妙喜庵待庵は現存する最古の草庵茶室と言われています。

建てられたのは桃山時代で、

もともと千利休の住まいの敷地内にあったものを現在の位置に移築したものらしいです。

現在、茶道をやっている人は自宅を建てる際にこだわってこの妙喜庵待庵を再現して作る方もいるそうですよ。

千利休の妙喜庵待庵の画像

妙喜庵待庵の画像を見てみましょう。

↓外観。

妙喜庵待庵のにじり口の外観

にじり口を外から見たところです。

↓茶室・床。

妙喜庵待庵の茶室内部の画像

内部の壁はちょっと汚れた感じのすさの入った塗り壁で、敢えて華々しく色を付けたりしない仕上げとなっています。

床の框も節の入った木材を使用していて、シンプルな作りになっています。

時代的には、豪華な書院造りから質素な庶民住宅のイメージを取り入れた茶室建築が流行っていった頃ですよね。

千利休と関連のあるわびさび(詫び寂び)とは?

千利休と関連のある言葉としてわびさびがありますよね。

ところが千利休は直接的に「詫び」という言葉をあんまり使わなかったみたいですよ。

詫びは江戸時代頃からは機能美を表す言葉として認識されだしたようですが、

それよりも前は単に粗末なさまを意味していたんだそうです。

千利休は派手な装飾を否定して、無駄を削ぎ落とした簡素なものを好んだことから豪華な文化全盛の時代の人々からしたら単に粗末なものを使っていると思われたのかもしれませんね。

実際には利休の使用した道具は材料費をかけずに手間をかけたクオリティの高いものだったみたいですよ。

それでいて決して値段が高いものではなかったと言われています。

では「さび」とは?

さびは「寂び」と書くそうですが、

千利休の時代の文献には載っていない言葉らしいですよ。

主に俳句の世界で、古いものに感じる味わいを言い表す言葉として発達したようです。

詫びと同じように、もともとはあんまり良い意味では使われていなかったそうです。

「経年劣化して汚くなる」から「時とともに自然と同化して味わい深くなっていく」といった感じでしょうか。

妙喜庵待庵の場所

妙喜庵待庵はどこにあるんでしょうか?

JR京都線山崎駅から徒歩1分という立地です。

もっとも、千利休が当初計画したとされるのは、現在の京都府乙訓郡大山崎町字大山崎 天王山46にある山崎城近くだったようで、現在の場所にあるのは移築されたものになります。

一度は訪れて、実際に見て大きさや質感を確認しておきたいですね。

【関連】

以上、今回は千利休の妙喜庵待庵についてでした。

一級建築士の試験では平成9年に「計画」の問題として出題されたそうですよ。

太字の部分を中心に読んでいただければと思います。

関連としては孤篷庵忘筌(こほうあんぼうせん 小堀遠州作の書院茶室)
如庵(じょあん 織田有楽斉作 京都から愛知県犬山市に移築)があります。

合わせて文献など読んでおくと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる