岡野道子の経歴学歴|出身大学や東大大学院中退理由と建築作品一覧

今回は、建築家の岡野道子さんに関する話題を取り上げていきたいと思います。

とても建築家とは思えないくらい、美人すぎる顔の持ち主だった、岡野道子さん。

それだけに、岡野道子さんとは、どういった経歴の持ち主だったというのか、興味深いですよね。

これからさっそく、岡野道子さんがたどってきた経歴について、見てまいりましょう。

また、岡野道子さんの美人すぎる顔や、これまでに担当してきた建築作品のほうも、どのような感じになっているのか、画像をチェックしていきたいと思います。

さらに、岡野道子さんの評判はどうなのかや、年収はいくらなのかについても、探ってみましたので、さっそく、ご覧ください。

【関連】
もくじ

1.岡野道子の建築家経歴

岡野道子さんは、一級建築士。

1979年生まれで、2020年現在の年齢は、41歳となっていたものとみられます。

出身地がどこなのかや、生まれた月日がいつなのかは、分かっていませんでした。

そのため、岡野道子さんは、誕生月が11月か12月だった場合には、まだ40歳ということになりますね。

岡野道子さんは、なにも、タレントや女優というわけではありませんから、ここの部分については仕方がないともいえるものの、できることならば、今後、明らかになってくることに期待しましょう。

さて、そんな岡野道子さんは、2005年、伊東豊雄建築設計事務所に入所したことによって、建築家としての活動をスタート。

2015年まで、伊東豊雄建築設計事務所で働いたのち、2016年に独立して、岡野道子建築設計事務所を設立することとなります。

その後、岡野道子さんは、2016年には東京理科大学非常勤講師、2017年には芝浦工業大学建築学部特任准教授に、あいついで就任したことによって、建築の実務だけではなく、教育分野においても、活躍していくことに。

そして2017年には、岡野道子建築設計事務所が、株式会社岡野道子建築設計事務所になって、現在に至っていました。

これらを見てもお分かりのように、これまでの岡野道子さんの活躍は、実にめざましいものとなっています。

さらに受賞歴は、国際建築家連合都市礼賛コンペ学生カテゴリー入賞、住まいとコミュニティづくり活動助成対象作品選出、(仮称)駅前図書館等プロポーザル佳作、甲佐町住まいの復興拠点施設整備事業公募型プロポーザル最優秀賞、などとなっていたのでした。

これまでに岡野道子さんが手がけてきた建築作品については、後で取り上げてまいりますが、実に顕著な実績だといえるでしょう。

しかしながら、岡野道子さんの場合、これだけではなく、顔も美人すぎるときたものですから、たいしたもの。

今後もさらなる飛躍を見守っていきたいですね。

2.岡野道子の学歴

これだけ優秀な人材だった以上、岡野道子さんの学歴も知っておきたいところです。

はたして、出身大学などは、どうなっていたのでしょうか?

岡野道子さんは、2001年、東京理科大学理工学部建築学科を卒業していました。

これだけでもすごいと思いますが、岡野道子さんは、2003年には、東京理科大学大学院修士課程を修了。

さらに、2005年には、東京大学大学院工学系研究科博士課程を中退していたのですね。

退学された理由は不明ですが、その後すぐに伊東豊雄建築設計事務所に就職していますから、一刻も早く建築設計実務の現場に関わりたかったのではないでしょうか。

岡野道子さんは、先ほどもご紹介しましたように、東京理科大学非常勤講師を務めていました。

しかし、それだけではなく、東京理科大学が母校でもあったというわけです。

おまけに、東京理科大学では大学院にまで進学し、東京大学大学院にも進学するとは、あまりの熱心さに脱帽せざるを得ません。

きっと岡野道子さんは、これからもまだまだ実力を発揮していくことでしょうね。

3.岡野道子の美人すぎる顔や建築作品の画像

岡野道子さんといえば、やはり、美人すぎる顔、そして建築作品です。

これらの画像も見てみましたが、顔のほうは、あらかじめ予備知識がなければ、芸能人のよう。

>>岡野道子の美人すぎる顔画像

また、建築作品も、奥ゆかしいものから近代的なものまで、さまざまでした。

具体的には、スペースブロックハノイモデル、座・高円寺、今治市伊東豊雄建築ミュージアム、宮城学院女子大学附属認定こども園森のこども園、益城町テクノのみんなの家、甲佐町営子育て支援住宅、などといった建築物を手がけています。

以下から設計実例の画像をたくさん見る事ができるので確認してみましょう。

あわせて読みたい
Michiko Okano Architects/works

とくに、熊本地震関係の仕事が目立っていますね。

4.岡野道子の評判や年収

それでは、岡野道子さんの評判や年収は、それぞれ、どうなっていたのでしょう。

評判は、当然、容姿や、熊本地震関係の仕事の実績もあって、とてもよいものでした。

一方、年収は、公表されていないため不明ですが、これだけ実績がある一級建築士なら、年収1000万円くらいは行くのではないでしょうか。

次第に、くわしいことが明かされていけばいいですね。

【関連】

岡野道子さんは、数多くいる建築家のなかでも、異彩を放っていました。

美人で優秀とくれば、向かうところ敵なしでしょう。

ぜひ、これからもたくさんの岡野道子さんの建築した建物を見てみたいですね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる