レコード大賞2020新人賞を徹底予想|ノミネート一覧から最優秀新人賞まで

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2020年も、『日本レコード大賞』のシーズンが近づいてきましたね。

毎年、賑わいをみせてきた、『日本レコード大賞』。

これまでにさまざまなアーティストや楽曲が栄冠に輝いてきました。

それでは、2020年の『日本レコード大賞』は、はたしてどうなるというのでしょうか。

そこで、この記事では、2020年の『日本レコード大賞』を特集していきたいと思います。

これまで、『日本レコード大賞』でとくに話題になってきた存在として、大賞だけではなく、新人賞や最優秀新人賞があります。

そこで、さっそく、2020年の『日本レコード大賞』の場合、新人賞や最優秀新人賞はどうなるというのか、予想してまいりましょう。

いったい、どういったアーティストや楽曲が選ばれるというのでしょうか

もくじ

1.日本レコード大賞

『日本レコード大賞』は、公益社団法人日本作曲家協会が主宰し、TBSが後援する音楽番組。

1959年に第1回が放送されて、2020年現在、その歴史は実に61年にも及んでいました。

1959年の『日本レコード大賞』は、司会は鶴田全夫さん、会場は文京公会堂。

歴代司会は、男性は、2011年は堺正章さん、2012年以降は安住紳一郎さん。

女性は、2011年は藤原紀香さん、2012年は新垣結衣さん、2013年は上戸彩さん、2014年と2015年は仲間由紀恵さん、2016年と2017は天海祐希さん、2018年と2019年は土屋太鳳さん。

会場はその後、2004年からは新国立劇場中劇場となっています。

授賞される賞は、大賞のほか、最優秀歌唱賞、優秀作品賞、最優秀新人賞、新人賞、作詩賞、作曲賞、編曲賞、企画賞、功労賞、特別賞、特別功労賞、日本作曲家協会選奨、優秀アルバム賞、最優秀アルバム賞、特別映画音楽賞、特別歌謡音楽賞でした。

なお、2011年以降の大賞受賞者は、2011年がAKB48の「フライングゲット」、2012年がAKB48の「真夏のSounds good !」、2013年がEXILEの「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」、2014年が三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」、2015年が三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Unfair World」、2016年が西野カナさんの「あなたの好きなところ」、2017年が乃木坂46の「インフルエンサー」、2018年が乃木坂46の「シンクロニシティ」、2019年がFoorinの「パプリカ」です。

2020年の『日本レコード大賞』も見逃せませんね。

2.日本レコード大賞2019新人賞と最優秀新人賞

2020年の『日本レコード大賞』の新人賞と最優秀新人賞は、どうなるのでしょうか。

その前に、2019年の『日本レコード大賞』の新人賞と最優秀新人賞を確認していきたいと思います。

『日本レコード大賞』では、はじめに新人賞(最優秀新人賞ノミネート)が決まり、その後、そのなかから最優秀新人賞が決まることになっていました。

2019年の『日本レコード大賞』の新人賞(最優秀新人賞ノミネート)は、海蔵亮太さん、BEYOOOOONDS、新浜レオンさん、彩青さん。

そして栄えある最優秀新人賞は、BEYOOOOONDSとなっていました。

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)もみんなすぐれたアーティストだけに、大変すばらしいことですね。

それでは、2020年の『日本レコード大賞』の新人賞(最優秀新人賞ノミネート)と最優秀新人賞の予想に移りたいと思います。

3.日本レコード大賞2020新人賞を徹底予想|ノミネート一覧

はじめに、2020年の『日本レコード大賞』の新人賞(最優秀新人賞ノミネート)の予想ですが、独断と偏見で行ってみました。

男性ソロでは、「香水」が人気の瑛人さん。

女性ソロでは、「僕らは強くなれる。」が人気で、ドラマ『M 愛すべき人がいて』に女優として主演もした安斉かれんさん。

男性グループでは、「PROTOSTAR」でデビューしたJO1、「Imitation Rain」でデビューしたSixTONES、「D.D.」でデビューしたSnowMan、「夜に駆ける」が人気のYOASOBI

女性グループでは、「Make you happy」が人気のNiziUといったところではないでしょうか。

はたして、こういった面々が『日本レコード大賞』の新人賞(最優秀新人賞ノミネート)を受賞することになるのか、注目していきましょう。

4.日本レコード大賞2020新人賞を徹底予想|最優秀新人賞

さて、それでは、肝心の『日本レコード大賞』の最優秀新人賞を予想していきたいと思います。

これは、個人的には、やはり、ジャニーズ事務所のSixTONESSnowManがもっとも有力ではないかと思いますね。

しかし、両者ともに、両A面シングルでデビューという、あまりにも異例の流れだったため、どっちになるのかは、非常にむずかしそうですが。

ちなみに、2011年以降の『日本レコード大賞』の最優秀新人賞は、以下のようになっていました。

2011年がFairies

2012年が家入レオさん。

2013年が新里宏太さん。

2014年が西内まりやさん。

2015年がこぶしファクトリー。

2016年がiKON

2017年がつばきファクトリー。

2018年が辰巳ゆうとさん。

2019年がBEYOOOOONDS

早期の『日本レコード大賞』の最優秀新人賞発表が待ち遠しいものです。

例年とは違い、2020年は大変なことがいろいろありました。

それだけに、『日本レコード大賞』で明るい年末になればいいですね。

賞レースの行方にも、目を凝らしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる