ライゼンスレッドリッパー3990Xの性能や価格と販売店からもっと高価で高性能CPUまで調査

パソコンに凝っている方であれば、見逃せないものとしてCPUが挙げられることでしょう。

そのCPUといっても、実にたくさんのものがあるわけですが、ここでは、そんななかでも、ライゼンスレッドリッパー3990Xについて、取り上げていきたいと思います。

はたして、ライゼンスレッドリッパー3990Xとは、どのようなCPUだったのでしょうか。

ライゼンスレッドリッパー3990Xの性能はどうなっていたのか、価格はいくらくらいなのか、販売店はどうなっているのか、それぞれ、チェックしていきましょう。

また、この記事では、ライゼンスレッドリッパー3990Xよりも、もっと高価で高性能なCPUはなんなのかについても、探ってみました。

もくじ

1.ライゼンスレッドリッパー3990Xの性能

ひとことでパソコンといっても、その構造は単純ではありません。

入力装置や出力装置など、機能も多岐に及んでいます。

そんなパソコンのなかでも、とくに重要な部分がCPUなのでした。

CPUは人間や動物であれば、脳にあたるものです。

そして、そのCPUにもたくさんの種類があるわけですが、ここで取り上げていくのは、ライゼンスレッドリッパー3990Xというもの。

ライゼンスレッドリッパー3990Xは、高価、高性能なCPUとして有名で、なんと、あの棋士の藤井聡太さんも愛用していたのでした。

実は、藤井聡太さんは、パソコンを自作するほどのパソコンマニアという、おどろくべき一面の持ち主だったのです。

パソコンの自作は将棋と大きく関わっていて、棋譜の分析のためのパソコンを自作するとのこと。

そして、その藤井聡太さんが自作パソコンに使用していたCPUこそ、ライゼンスレッドリッパー3990Xだったというわけでした。

一般的には、藤井聡太さんにこのような特技があったこと自体、かなりのおどろきですよね。

それでは、そんな藤井聡太さんに愛用されていたライゼンスレッドリッパー3990Xとは、どのようなCPUだったのでしょうか。

ライゼンスレッドリッパー3990Xは、各CPUのなかでも性能の高さで有名。

なんと、64コア、128スレッドとなっていたのですね。

後であらためてご紹介しますが、これはパソコンのCPUの性能としては、ほとんど破格といっていいほどのレベル。

ただし、こちらも後述しますように、それだけに当然、そうとう高価となっていたのですが。

さて、藤井聡太さんも愛用していたライゼンスレッドリッパー3990X ですが、CPUは、その性能次第で読みのスピードも変わって来ます。

そのため、ライゼンスレッドリッパー3990Xくらい性能が傑出していれば、短い時間でたくさんの局面を検討することが可能となって、棋士にとっては、将棋の研究に最適というわけだったのですね。

藤井聡太さんレベルのパソコンマニアなら常識なのでしょうが、将棋でもパソコンでも、やっぱり、一般人とは目の付け所が違うのでしょう。

そもそも、知識以前の問題として、いくら高性能でも、ライゼンスレッドリッパー3990Xくらい高価となれば、入手することがためらわれるでしょうからね。

ともあれ、ライゼンスレッドリッパー3990Xが、これからも藤井聡太さんの勝利に貢献してくれることを願いましょう。

2.ライゼンスレッドリッパー3990Xの価格

それでは、ライゼンスレッドリッパー3990Xの価格は、いったい、どれくらいだったのでしょうか。

ふつう、CPUの価格自体、なかなかイメージが湧きませんから、興味深いものではないかと思います。

パソコンの価格が安ければ数万円くらいというケースもあるため、高くてもそれくらいかと思いきや、桁がまったく違いました。

なんと、ライゼンスレッドリッパー3990Xの価格は、49万円もしたのです。

パソコンに凝っているだけではなく、ある程度、資力もなければ、利用するのは厳しいかもしれませんね。

3.ライゼンスレッドリッパー3990Xの販売店

高価格とはいえ、このようなライゼンスレッドリッパー3990Xだけに、入手したいという方は少なくないはず。

そこで販売店を探ってみましたが、もっとも手っ取り早く入手するなら、通販サイトが一番です。

ちなみに、Amazonであれば、通常配送無料にて入手することも可能となっていました。

ある程度、資力に余裕がある方は、この機会にぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

4.ライゼンスレッドリッパー3990Xよりもっと高価で高性能なCPU

では、CPUで、ライゼンスレッドリッパー3990Xよりもっと高価で高性能なものはあったのでしょうか。

こちらは探ってみたものの、出てきませんでした。

有名な高価で高性能なCPUとしては、Ryzen 9 3950XRyzen 9 3900XTがありますが、前者は、94000円、16コア、32スレッド、後者は66000円、12コア、24スレッド。

これらと比較しても、ライゼンスレッドリッパー3990Xがいかに高価で高性能なのかが如実に分かりますね。


というわけで、今回は、ライゼンスレッドリッパー3990Xの話題をお届けしてまいりました。

藤井聡太さんみたいにパソコンを自作する方は少ないでしょうが、CPUはパソコンに不可欠な存在。

自作かどうかにかかわらず、パソコンのCPUについて、あらためて考えてみたいですね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる