白岡今日花(Task have Fun)の経歴|出演テレビ番組や写真集の評判を調査

今回は、女性アイドルグループのTask have Funのメンバーである白岡今日花さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

はたして、白岡今日花さんとは、どのような人物だったのか、これからじっくりと見てまいりましょう。

まずは、白岡今日花さんの経歴について、そして、これまでに白岡今日花さんが出演してきたテレビ番組についても、確認していきたいと思います。

さらに、白岡今日花さんといえば、写真集を発売していたことでも話題になっていました。

そこで、白岡今日花さんの写真集の評判がどうなっていたのかも、探ってみました。

それではさっそく、これら白岡今日花さんに関する話題をご覧ください。

【関連】
もくじ

1.Task have Funの経歴

はじめに、白岡今日花さんが所属している女性アイドルグループであるTask have Funについて、ご紹介していきたいと思います。

Task have Funは、熊澤風花さん、白岡今日花さん、里仲菜月さんからなる女性アイドルグループ。

熊澤風花さんは、200272日、埼玉県の出身で、20209月現在の年齢は、18歳となっています。

身長は162センチ、血液型はO型。

ショートヘアで、イメージカラーはレッドです。

里仲菜月さんは、2003710日、茨城県の出身で、20209月現在の年齢は、17歳となっています。

身長は165センチ、血液型はO型。

ロングヘアで、イメージカラーはグリーンです。

Task have Funは、2016年に、熊澤風花さん、白岡今日花さん、里仲菜月さんによって、結成。

以降、20209月現在、脱退、新規加入はなしで、オリジナルメンバーのままで活動してきました。

そして同年、シングル「TASK」のリリースによって、メジャーデビューしています。

2019年には、『RED ALBUM』、『BLUE ALBUM』、『GREEN ALBUM』の3枚同時という異例の形での初のアルバムリリースとなりました。

そんなTask have Funは、SUMMER FESTIVALTOKYO IDOL FESTIVAL、アイドル横丁夏まつり!!@JAM EXPO、アイドル甲子園、MX IDOL FESTIVAL、ももいろクリスマスといったアイドルイベントに多数出演。

2018年には、タイのバンコクにおいて、初となる海外公演も達成しました。

また、アイドル楽曲大賞インディーズ部門で1位になるなど、躍進を見せています。

2.白岡今日花の経歴

白岡今日花さんは、2002625日、東京都の出身で、20209月現在の年齢は、18歳となっています。

身長は162センチ、血液型はB型。

セミロングで、Task have Funにおけるイメージカラーはブルーです。

父親は台湾人、母親は日本人というハーフでした。

趣味、特技は、漫画、ドラマ鑑賞、二重飛び、バレーボール、フラフープです。

そんな白岡今日花さんは、小学生時代にスカウトされたことによって、芸能界入り。

それから2016年、熊澤風花さんと里仲菜月さんとTask have Funを結成して、今日に至っていました。

同年、シングル「TASK」のリリースによって、Task have Funとしてメジャーデビューし、2018年には、自身初となる写真集『Ui』を発売します。

そして2019年には、R2Kというユニットのメンバーとなり、期間限定で活動しました。

楽曲には、ソロとしては「あい合い傘」、R2Kとしては「恋するスカート」があります。

Task have Funのメンバーのなかでは、もっとも歌唱力に定評があるという、白岡今日花さん。

熊澤風花さん、里仲菜月さんといっしょになって、ますますTask have Funを盛り上げてほしいですね。

3.白岡今日花の出演テレビ番組

さて、これまでに白岡今日花さんが出演してきたテレビ番組には、どのようなものがあったのでしょうか。

こちらには、『開運音楽堂』、『関内デビル』、『わや接待』がありました。

なかでも注目となっていたのが、『開運音楽堂』です。

『開運音楽堂』は、最新回が、2020926日、415445TBS系で放送予定。

出演者は、MCが喜入友浩さん、アシスタントが藤江れいなさん、KaiunGirlが白岡今日花さん、アドバイザーが野村ケンジさん、TOWAKOさん、ビデオコメントが角川博さんとなっていました。

番組中では、白岡今日花さんが、寝るときに見る風景を公開することになっています。

どのような風景を見ることができるのか、『開運音楽堂』をお見逃しなく。

4.白岡今日花の写真集の評判

すでにお伝えしました通り、2018年に、自身初となる写真集『Ui』を発売していた、白岡今日花さん。

それでは、この白岡今日花さんの写真集『Ui』の評判は、どうなっていたのでしょうか?

Ui』の読みは「うい」で、初めての写真集のため、「初」→「うい」→「Ui」となったとのこと。

台湾人とのハーフといっても、白岡今日花さんのルックスには、どこか北欧系のような趣がありますから、当然、その評判は上々となっていました。

今後も、白岡今日花さんのあらたな写真集が続々と発売されるのを楽しみに待ちましょう。

【関連】

Task have Funももちろんですが、白岡今日花さんの今後も、実に楽しみですね。

2020年もまだまだあたらしい話題を届けてくれることが、おおいに期待されます。

2020926日の『開運音楽堂』もぜひ、視聴しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる