スタンドバイミー(映画)のあらすじ感想と出演者や吹替キャスト|無料フル動画の見方や主題歌も

夏に鑑賞してみたい洋画といえば、不朽の名作といっていい、映画『スタンド・バイ・ミー』が挙げられるでしょう。

青春映画といえば、これといっていいような、世界的な名作として評価されています。

unext-banner
無料で『スタンドバイミー』を今すぐ見る

しかし、具体的なあらすじとなると、案外、よく覚えていない方もいらっしゃることでしょう。

そこで、この記事では、映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ感想、キャスト、吹き替え声優、無料フル動画の見方、主題歌について、ピックアップしていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

[tagpost id=”365″ num=”6″]

もくじ

1.スタンドバイミー(映画)とは

映画『スタンド・バイ・ミー』は、アメリカのホラー小説の代表的な作家であるスティーブン・キングの同名小説が原作。

スティーブン・キングは、『グリーン・マイル』など、非ホラー作品にも定評がありますが、小説の『スタンド・バイ・ミー』もそうなのでした。

そんな小説の実写化作品ということもあって、映画『スタンド・バイ・ミー』への期待も高まりますね。

大まかな内容は、4人の少年たちが夏にくり広げていく冒険を描くというもの。

4人の少年たちが挑むのは、「死体探しの旅」という興味深いものですが、ジャンル的にはあくまでホラーには該当しません。

そのため、仮にホラーが苦手だという方であっても、安心して観ることができますよ。

2. スタンドバイミー(映画)のあらすじ感想

では映画『スタンドバイミー』のあらすじを見ていきます。

 

[memo title=”感想”]

作家のゴーディ・ラチャンスは、クリス・チェンパーズという弁護士が殺されたニュースを知って、少年時代を回想します。

子供だったころ、ゴーディ・ラチャンスは、クリス・チェンバーズをはじめ、テディ・ドチャンプ、バーン・テシオと遊んでいました。

さて、バーン・テシオは、とある少年の死体の噂を知り、みんなに話したところ、有名になりたいという動機で死体探しの旅が始まることに。

4人はいろいろありながらも、うまくやっていき、子供だけの危険な旅を進めていきます。

ゴーディ・ラチャンスは、クリス・チェンバーズから、作家になる夢をあきらめないようアドバイスされました。

一方、ゴーディ・ラチャンスも、クリス・チェンバーズに、進学するようすすめ、友情は深まっていくのでした。

が、そんななか、少年の死体のネタが、クリス・チェンバーズやバーン・テシオの兄らの不良グループにばれ、彼らも死体を求めて動き出すことに。

ゴーディ・ラチャンスらは、とうとう少年の死体を見つけますが、そこに不良グループがやってきてしまって、少年の死体をめぐってバトルが勃発。

ゴーディ・ラチャンスらは、かろうじて不良グループを追い払うことに成功します。

こうして死体探しの旅を終えると、4人は次第に付き合いが薄くなって、それぞれの人生を歩んでいきます。

やがて、ゴーディ・ラチャンスは作家となり、クリス・チェンパーズは進学して弁護士になったものの殺されてしまったのでした。

[/memo]

 

以上が映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじです。

さすが、スティーブン・キング原作とあって、ふつうの青春映画とは違いますが、切なさが胸にしみますね。

ゴーディ・ラチャンスによる回想形式ということや、クリス・チェンパーズの死が分かっていることが効果的。

なお、死体が出てくるといっても、恐怖感よりは感動のほうがはるかに大きいのが特徴です。

未見であれば、特に夏のうちに鑑賞しておきましょう。

3. スタンドバイミー(映画)の出演者や吹替キャスト

映画『スタンド・バイ・ミー』のキャストや、吹き替え声優もチェックしていきましょう。

ゴーディ・ラチャンス役は、キャストはウィル・ウィートン、吹き替え声優は土井美加さん。

クリス・チェンバーズ役は、キャストはリヴァー・フェニックス、吹き替え声優は高山みなみさん。

テディ・ドチャンプ役は、キャストはコリー・フェルドマン、吹き替え声優は真山亜子さん。

バーン・テシオ役は、キャストはジェリー・オコンネル、吹き替え声優は亀井芳子さんでした。

ウィル・ウィートンは、ドラマ『新スタートレック』で知られています。

一方、吹き替え声優も、アニメ『名探偵コナン』で有名な高山みなみさんなど、豪華ですね。

これなら、映画『スタンド・バイ・ミー』が日本でも世界でも人気になったのも分かるというものでしょう。

4.スタンドバイミー(映画)の無料フル動画の見方や主題歌は

映画『スタンド・バイ・ミー』の動画をフルで無料視聴したい場合、どうすればいいのでしょうか?

可能なビデオオンデマンドとしては、

  • U-NEXT
  • クランクインビデオ
  • dTV
  • ビデオパス

がありました。

しかし、このなかからあえて選ぶなら、U-NEXTが圧倒的におすすめ。

初回1ヶ月は無料ですし、無料期間終了後は月額1990円かかるものの、登録時に600ポイント、毎月、1200ポイントを入手できます。

さらに、これらを使えば、課金動画の視聴だけではなく、劇場に無料か割引で入場することまでできたのです。

U-NEXTのトライアル画像
無料で『スタンドバイミー』を今すぐ見る

『スタンドバイミー』はU-NEXTであれば見放題作品ですし、ポイントを他の有料動画の視聴に充てられますからお得ですね。

 

そんな映画『スタンド・バイ・ミー』は、主題歌も、ベン・E・キングの「Stand By Me」が大ヒットしました。

もともと名曲として知られていたものの、タイアップした映画が原因で、さらにリバイバルヒットとなったのですね。

[tagpost id=”365″ num=”6″]


このように、怖そうな雰囲気も持ちつつ、とても爽快な青春作品だった、映画『スタンド・バイ・ミー』。

ベン・E・キングの主題歌もあって、ますます名作として語り継がれるようになりました。

1人で観ても、家族で観ても、それぞれ異なった感動が得られるに違いありません。

[memo title=”注意”]本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。[/memo]

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる