立花孝志N国党代表がマツコをぶっ壊す理由は?5時に夢中放送時の演説動画をチェック

2019年7月の参院選では、N国党が議席を取ったことが、おおいに話題となりました。
NHKの受信料問題に特化したというめずらしい政党である、N国党。
これまで何かと物議をかもしてきましたが、その代表である立花孝志さんも、注目すべき人物だったようですね。
今回は、そんな立花孝志さんのマツコ・デラックスさんをめぐる過激な発言について見てまいりたいと思います。
はたして、その誰もが絶句してしまうであろう、驚愕の内容とは…?
[tagpost id=”372″ num=”6″]

もくじ

1. 立花孝志N国党代表のプロフィール

N国党代表である立花孝志さんは、1967年8月15日、大阪府出身の51歳。
現在は反NHKとして有名ですが、もともとは自身がNHKに勤務していたという、意外な経歴の持ち主でもありました。
立花孝志さんは、NHK在局中、NHKの不正経理問題を『週刊文春』に内部告発したことが発端となって、退局。
その後、2013年、立花孝志さんは、NHKから国民を守る党(N国党)を設立して、代表に就任。
これ以降、立花孝志さんを含め、N国党員による、国政選挙、地方選挙への立候補が相次ぐことに。
大阪府摂津市議選、東京都町田市議選に相次いで立候補して落選した、立花孝志さん。
その後、2015年には、千葉県船橋市議選に立候補してようやく当選をはたします。
しかし、2016年、東京都知事選立候補のため、千葉県船橋市議を辞職。
おまけに東京都知事選にも落選してしまいました。
立花孝志さんはそれでも、大阪府茨木市議選、東京都議選と立て続けに立候補して、落選。2017年には、東京都葛飾区議選に当選しますが、2019年には、大阪府堺市長選に立候補して東京都葛飾区議を失職し、落選。
が、同年、参院選で初めて国政選挙に挑み、前評判をくつがえして当選を果たしたのでした。
やたらと選挙に出まくる候補者は過去にもいましたが、国政選挙で勝利を収めるのはきわめてまれだといえます。
それだけに、本来であれば今後の立花孝志さんを応援したいところなのですが、早くも大問題が…?

2. 立花孝志N国党代表がマツコをぶっ壊す?

N国党といえば、党員の言動が何かと物議をかもしてきたという過去がありました。
が、そんななかでも最大級ともいえる大騒動が勃発しました。
騒動を引き起こしたのは、なんと、ほかならぬN国党の代表である、立花孝志さん。
いったい、どのような内容だったのでしょうか?
なんと、立花孝志さんは、あのマツコ・デラックスさんに向かって「ぶっ壊す」と言っていたのです。
政治家が芸能人に向かってこのような発言をしたのは、おそらく、日本史上初のことと思われますね。
2019年8月12日、マツコ・デラックスさんは、TOKYO MXの「5時に夢中!」に生出演。
すると、立花孝志さんはTOKYO MXのスタジオ前に現れ、マツコ・デラックスさんへのバッシングを開始し、「ぶっ壊す」などと発言したのでした。
さらには、「権力の犬」ともバッシングしたとか。
どうしてこんな前例のない異常なことになったのかについては、次で取り上げてまいりますので、ご覧ください。

3. 立花孝志N国党代表がマツコをぶっ壊す(?)理由とは

立花孝志さんがマツコ・デラックスさんを攻撃したのは、もちろん、何の理由もないわけではありませんでした。
発端は、2019年7月29日、「5時に夢中!」にて、マツコ・デラックスさんがN国党批判を展開したことだったのです。
マツコ・デラックスさんは、N国党について、「気持ち悪い」、「宗教的」などと発言。
さらに、投票者の中にはふざけてした人もいるだろうという、独自の意見を披露したのでした。
このことが立花孝志さんの逆鱗に触れてしまったみたいですね。
が、マツコ・デラックスさんの発言も過激だったと思いますが、立花孝志さんの行動も現職の国会議員のものとは思えないくらい過激なもの。
個人的には、両者ともに頭を冷した方がいいだろうと思わざるを得ません。

4. 立花孝志N国党代表の5時に夢中放送時の演説動画

ネット上では、この異常な事態を受けて、「5時に夢中!」生収録のなか、立花孝志さんがTOKYO MXのスタジオ前で行った演説の動画が注目されていました。
「マツコ・デラックスを出待ち。MXへ行きました」という動画です。
↓こちらですね。

 
これには、有名人から一般人まで、批判的な声が相次ぐことに。
有名人では、高須克弥さんが、心情的にN国党を支持してきたとしつつも、今回の件では失望したと発言。
マツコ・デラックスさんへの同調をにおわせました。
さらに、一般人からも、マツコ・デラックスさんを擁護する声が続出。
立花孝志さんとN国党の今後の動きが注目されますね。
[tagpost id=”372″ num=”6″]


現職国会議員かつ国政政党の党首がいち芸能人に、脅迫的ともいえる発言をしたということで、まさに本件は驚愕すべきものでした。
もともと毀誉褒貶あるN国党でしたが、熱心な支持者以外の国民の離反は避けられないのではないでしょうか。
マツコ・デラックスさん側は法的措置も視野に入れているとも言われていますので、しばらく目が離せそうにありませんね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる