トップガンマーヴェリックのキャストと役名|役柄やネタバレあらすじと期待感を調査

1986年に公開され、青春映画としても、アクション映画としても伝説的ともいっていい存在となった、映画『トップガン』。

さて、あれから、実に30年以上もの月日を経たわけですが、このたび、待望の続編となる映画『トップガンマーヴェリック』が公開されることになりました。

そんな映画『トップガンマーヴェリック』とは、はたして、どのような内容の作品だったというのでしょうか

ここでは、映画『トップガンマーヴェリック』のキャスト、役名、役柄、あらすじ、ネタバレについて、どうなっていたのか、調べてみました。

それではさっそく、これらについて、ご覧ください。

もくじ

1.映画『トップガンマーヴェリック』のキャスト、役名、役柄

映画『トップガン』は、1986年、トム・クルーズさん主演によって公開され、一躍、大ヒット。

トム・クルーズさん自身にとっても、その俳優キャリアにおいて、大きく貢献することとなりました。

その映画『トップガン』の続編ということもあって、映画『トップガンマーヴェリック』のキャストがどうなっているのかが、とても興味深いところですよね。

映画『トップガン』同様、主演はトム・クルーズさんでした。

往年のファンにとっては、とても満足が行くのではないでしょうか。

トム・クルーズさんは、196273日、アメリカの出身で、20207月現在の年齢は、58歳となっています。

これまでに、『レインマン』、『ミッション:インポッシブル』、『アイズ ワイド シャット』、『バニラ・スカイ』、『マイノリティ・リポート』、『ラスト サムライ』、『宇宙戦争』、『ワルキューレ』などといった映画に出演してきました。

それ以外のキャストとしては、ヴァル・キルマーさん、マイルズ・テラーさん、ジェニファー・コネリーさん、グレン・パウエルさん、ジョン・ハムさん、エド・ハリスさん、ルイス・プルマンさんなどとなっています。

トム・クルーズさんは、ピート・ミッチェル(マーヴェリック)役。

元トップガンと称される航空戦訓練学校で活躍したパイロットで、その後、教官になりました。

ヴァル・キルマーさんは、トム・カザンスキー(アイスマン)役。

ピート・ミッチェル(マーヴェリック)のライバルです。

マイルズ・テラーさんは、ブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)役。

ニック・ブラッドショウ(グース)の息子です。

なお、残りのキャストであるジェニファー・コネリーさん、グレン・パウエルさん、ジョン・ハムさん、エド・ハリスさん、ルイス・プルマンさんについては、20207月現在、役名、役柄がどうなっているのかはまだ判明していません。

そんな映画『トップガンマーヴェリック』は、ジョセフ・コシンスキー監督作品。

20201223日に、満を持して公開されることになっていますから、あと、約5ヶ月、とても待ち遠しい限りですよね。

2.映画『トップガンマーヴェリック』のあらすじ

それでは、映画『トップガンマーヴェリック』のあらすじを見ていきましょう。

映画『トップガン』では、アメリカ海軍のパイロットである、有能ながらも型破りなピート・ミッチェル(マーヴェリック)が、トップガンと称される航空戦訓練学校に入学。

その後、ピート・ミッチェル(マーヴェリック)は、ニック・ブラッドショウ(グース)、

シャーロット・ブラックウッド(チャーリー)と出会い、青春を謳歌しながら、訓練に明け暮れていきました。

その続編の映画『トップガンマーヴェリック』は、くわしいあらすじは明かされていませんが、前作からそうとう時間が経っているため、大きな動きが見られます。

ピート・ミッチェル(マーヴェリック)は、教官になっていました。

一方、彼の盟友のニック・ブラッドショウ(グース)は亡くなっていました。

そして、その息子のブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)を、教官として指導していくことになるのです。

3.映画『トップガンマーヴェリック』のネタバレ

このように、映画『トップガンマーヴェリック』は、あらすじも全体像が不明なため、ネタバレも分かりません。

しかし、映画『トップガン』もそうだったように、娯楽作品ですから、基本的には、ハッピーエンドということで締めくくられるのではないでしょうか。

たとえば、ピート・ミッチェル(マーヴェリック)とブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)が、ぶつかったりしながらも、結局は、和解。

そしてブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)が無事、卒業するといった感じではないかと推測されますね。

4.映画『トップガンマーヴェリック』への期待感

そんな映画『トップガンマーヴェリック』ですが、やはり、一般的なアクション映画とは違い、数年間隔で新作が発表されてきたという作品ではありませんから、期待感は並大抵ではありません。

あの教えを受ける立場だったピート・ミッチェル(マーヴェリック)が、教官となること。

しかも、盟友が亡くなっていて、その息子を指導していくことなど、注目ポイントは数え切れませんからね。

2020年の洋画でも、もっとも見逃したくない作品の1つとなることは間違いないでしょう。


というわけで、映画『トップガンマーヴェリック』について見てまいりました。

映画『トップガン』ファンの方でなくても、楽しめることは請け合いです。

しかし、できることなら、新旧あわせてチェックしておきましょう。

もくじ
閉じる