宇宙でいちばんあかるい屋根(映画)の小説版ネタバレあらすじと結末から感想まで大調査

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』が、2020年9月4日に公開予定となっていました。

とても意味深なタイトルですから、いったい、どんな内容なのかが、とても気になりますよね。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』が公開されるまで、あまり間がないだけに、なおさらでしょう。

そこで、ここでは、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説のあらすじ、ネタバレなどをご紹介していきたいと思います。

そして、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説への感想とは、どのような感じになっていたのでしょうか?

それではさっそく、ご覧ください。

もくじ

1.映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』とは

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、野中ともそさんの同名小説が原作。

原作小説が刊行されたのは2003年のことですので、2020年9月4日に公開予定の映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、実に17年越しの映画化となるわけですね。

大まかな内容は、とある少女が「星ばあ」と称されている不思議な老女と交流していくようすを描くというものでした。

藤井道人監督作品となっています。

気になるキャストですが、主人公の大石つばめ役は清原果耶さんでした。

清原果耶さんは、2002年1月30日、大阪府の出身で、2020年8月現在の年齢は、18歳となっています。

2015年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』への出演によって、女優デビューしました。

その後、2016年、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』への出演によって、映画デビューしています。

これまでに出演してきた映画は、『3月のライオン』、『ユリゴコロ』、『ちはやふる-結び-』、『愛唄-約束のナクヒト-』など。

ドラマは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』、『精霊の守り人』、『死幣-DEATH CASH-』、『母になる』、『セトウツミ』、『必殺仕事人』、『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』、『透明なゆりかご』、『俺の話は長い』などです。

そんな清原果耶さんは、2020年内には、さらに、『望み』、『まともじゃないのは君も一緒』、『砕け散るところを見せてあげる』、『護られなかった者たちへ』と、出演映画が3作も待機中。

さらに2021年に放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを演じることになっていますから、楽しみですよね。

ほかのキャストは、浅倉亨役は伊藤健太郎さん、山上ひばり役は水野美紀さん、牛山武彦役は山中崇さん、笹川誠役は醍醐虎汰朗さん、大石麻子役は坂井真紀さん、大石敏雄役は吉岡秀隆さん、星ばあ役は桃井かおりさんです。

それでは、そんな映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説のあらすじを見ていきましょう。

2.映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の小説版あらすじ

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説のあらすじですが、くわしいことは分かっていませんでした。

だいたいの内容としては、中学生の大石つばめが星ばあという老女と出会い、仲よしになったものの、やがて星ばあは消えてしまうというもの。

なお、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のあらすじは以下のような感じです。

大石つばめは、中学生で、となりに住んでいる大学生の浅倉亨に恋をしています。

また、義理の弟が生まれることになっていますが、寂しい思いをしていたのでした。

そんななか、大石つばめは、いつも親しんでいる書道教室の屋上で星空を見ようとしていたところ、謎の老女と出会うことに。

老女は星ばあと称していて、大石つばめはそんな彼女に恋愛相談をしていきます。

やがて、大石つばめと星ばあは、かけがえのない夏を共に過ごしていくことになりました。

そんな映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の公開に期待しましょう。

3.映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の小説版ネタバレ結末

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説の内容は分かりませんでしたが、映画版のネタバレはどうなるのでしょうか。

こちらも具体的にどうなるのかは不明です。

しかし、原作小説では星ばあは消えてしまうということですから、ハッピーエンドとはならないのではないでしょうか。

大石つばめと星ばあがどのような結末を迎えるのかは分かりませんが、注視していきましょう。

4.映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の小説版感想

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の原作小説への感想も見ていきましょう。

星ばあの言葉が響くとか、最後が切なかったといった声が見られました。

大石つばめが星ばあとの出会いによって成長していくことは予想できますが、最後が切ないのは心配ですね。

ますます、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は見逃せなくなるでしょう。


映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、ファンタジー的な内容が魅力ですね。

夏の物語とはいえ、9月ならまだ夏の面影は残っているでしょうから、公開時期としてはピッタリでしょう。

清原果耶さんや桃井かおりさんの演技にも期待ですね。

もくじ
閉じる